福梅本舗のショッピングページに戻る
トップページ梅について梅に関する雑学梅レシピみなべ町について
  1. 梅の話TOPページ
  2. 梅に時関する雑学
  3. 梅の流通と消費の動向
梅の流通と消費の動向

梅の流通には、一般の青果実と同じように青梅として卸売市場へ出荷されるルートと、 梅干しなどは加工業者が原料として購入し、多様な製品に加工した形で 消費者に提供するルートとがあります。

梅は多彩な製品に加工されますが、 その大部分は梅干・梅漬けとして消費されます。 梅干の生産量は昭和63年に急増して、その後は高い水準で増減していますが、 一世帯あたりの購入量はゆるやかなので、 急増した生産量の多くは、 近年、急成長をとげた外食産業などでの消費が吸収した形となっています。 また、梅干の購入量を世帯主の年齢別にみると、 年齢が高くなるに従って多くなり、最も多く購入するのは45歳〜59歳の年齢層となっています。