福梅本舗のショッピングページに戻る
トップページ梅について梅に関する雑学梅レシピみなべ町について
  1. 梅の話TOPページ
  2. 梅について
  3. 驚異の梅パワー
  4. 梅は酸性食品?アルカリ性食品?
梅は酸性食品?アルカリ性食品?
食生活はバランスが大切です。ビタミンやミネラルなどの栄養成分をとるばかりではなく、酸性食品とアルカリ性食品の割合に気を配る必要があります。

現代は西洋化した食生活やインスタント食品、加工食品の多様化によって昔に比べて酸性食品が多くなっています。
酸性食品は米やパン、肉、魚など私たちが日常口にしやすい高カロリーの食品がほとんどです。

逆に、アルカリ性食品は野菜や海藻など調理を必要とする食品が占めています。
急速化、簡素化している食生活が酸性食品を増やしているのです。


人間が健康でいるためには体液(血液や細胞液)が弱アルカリ性に保たれている必要があります。

体液が酸化すると血が黒く濁り、排泄障害、内臓機能の低下、慢性病などになりがちです。体のためにはアルカリ性食品を食べて、酸性を中和させる必要があります。

梅干しは酸っぱいので酸性と想像されがちですが、れっきとしたアルカリ性食品です。
人間の正常な状態の体液は、ペーハー7.4位の弱アルカリ性です。

前述したように酸性食品に偏った現代人の食生活は腎臓の機能を低下させ慢性病に繋がる危険性があります。
酸性化を防ぐためにはアルカリ食品で中和させなければなりません。
たとえば酸性の強い牛肉を100グラム食べるとアルカリ性のキュウリは900グラム必要です。
ところが梅干しならばたったの5グラムの量で中和してくれるのです。まさに「健康は一日一粒の梅干から」といえそうです。